悪い歯並びは矯正歯科で治療しよう

自身の歯並びについて気になることはありますか?現在の矯正治療では子供だけでなく大人の歯列矯正も盛んに行われています。矯正歯科に行く際には歯医者選びが大切です。矯正は数年単位で行う治療のため、自分にあった矯正歯科を見つけて快適な歯列矯正を行いましょう。

矯正治療の種類

マウスピース

矯正治療の代表といえば金属ブラケット

矯正治療の代表といえば金属ブラケットです。歯の表面に金属の装置を設置してそこにワイヤーを通して締めていきます。値段が比較的安価なことと歯の表面に設置する金属ブラケットは短期間で矯正できるため装置をつけている間は目立ちますが、今でも多くの人に選択されている方法です。

見た目が気になるなら審美ブラケット

仕事などで目立つのは嫌だけど早く治療したいと言う方に人気の方法は、審美ブラケットです。金属ブラケットほど目立たない白や透明のブラケットを使っています。歯の表面につけることは変わりないので人からは見えますが、金属ブラケットほど目立ちません。審美ブラケットは、金属ブラケットよりやや高額で強度は弱くなるため頻回なメンテナンスが必要になります。

裏側矯正なら見た目が変わらない

上記の審美ブラケットより更に見た目が気になるけど矯正したいと言う方には裏側矯正という方法があります。こちらはモデルやダンサーの方など人に見られる仕事をしている方に人気です。裏側矯正は歯の裏側に矯正装置を付けますが、デメリットして歯の表面に装置を付ける時よりかなり治療に時間がかかるという点です。更に歯の裏側を舌で触ってしまい口内炎が思わぬ場所に出来てしまいます。このように裏側矯正は時間がかかるなど短所もありますが、見た目が変わらない方が良いという方が選択する方法です。

子どもならマウスピースも使用可能

子どもであればマウスピースでの矯正も可能な場合があります。これは歯がしっかり生えて固定されている大人にはあまり効果はありませんが、歯の生えたばかりの子どもであれば毎日きちんと使用することである程度なら矯正が可能です。しかしマウスピースをやめると歯並びが戻ることも多く、マウスピースだけの治療でも矯正歯科の介入はやはり必要です。

矯正は早めにするのがいい?

矯正は早めに行えば行うほど良いのでしょうか?矯正は子どもから大人までいつ行っても良いとされています。子どもの時に行えば痛みは少ないですが、歯が戻りやすくなるので治療後のメンテナンスが必要です。大人になってからの矯正は痛みが強いですが、歯は戻りにくいです。子どもと大人では歯の動きやすさが違います。いつ矯正を行うかはご自分や家族と相談して一番良い時期を決めていただければ良いのではないでしょうか。

子供のときにする矯正と大人でする矯正の違いを比べる

子どもの矯正は時間があまりかからない

子どもの時に矯正を行うと歯が動きやすいため比較的短期間に治療が終わります。また、歯が動く際にも激しい痛みがないため不快感が少なく日常生活を送ることができます。

子どもの矯正は歯の矯正だけですむ!

子どもの時の矯正は、歯の矯正のみで終わることがほとんどなことに対し、大人になってからの矯正だと顎の歪みや親知らずの手術など大がかりなものになりがちです。生え変わり期、生えたばかりの子どもであれば歯列矯正のみで治療が終わることが多いと考えると、大人はそうはいかないのがわかります。

歯列矯正でキレイな歯並びをゲット【矯正歯科のススメ】

歯科矯正

虫歯があるなら虫歯治療から済ませる

歯列矯正を始める前に忘れてはいけないことがあります。それはあなたの口腔内の環境が良好であるかどうかです。虫歯がある状態では矯正治療は行えず、矯正治療は歯を少しずつ動かすため虫歯の治療と同時に行うことはできません。矯正治療を考えている方はまずかかりつけの歯科へ行き、お口のメンテナンスをしてもらいましょう。

広告募集中