HOME>info>白い歯にしたいなら審美歯科でホワイトニング治療を受けよう

歯科で歯の色も綺麗にできる

「歯科に行き歯医者さんに施術してもらう」というと、虫歯の治療が思い浮かぶのではないかと思います。ですが、今は治療だけでなく、ホワイトニングを行うことで歯の色までも綺麗にできるのです。

ホワイトニングするならどっち?自分でする場合と歯医者でする場合の違い

自分でする場合は、ホームホワイトニング

自分でホワイトニングを行う場合は、ホームホワイトニングを行います。
まずは歯医者さんで自分専用のマウスピースを作ってもらい、専用の薬剤を使用することでホワイトニングをしていきます。「家庭で行うこと」を目的に作られていますので、安全面を考慮し、歯科で使用する薬剤よりは弱めの濃度のものが使用されます。その分刺激が少ないというメリットがあるため、刺激に弱い方、知覚過敏でホワイトニングを諦めていた方にも使用することができます。基本的には自己管理で行い、時間と回数がかかるというのが特徴です。

短時間で効果を実感したいなら、歯医者で行うオフィスホワイトニング

歯科で行うホワイトニングのことをオフィスホワイトニングと言います。
ホームホワイトニングと違い、高濃度の過酸化水素が含まれた薬剤を歯に塗布し、光を当ててホワイトニングをしていきます。自宅で行う場合は、自分で歯のクリーニングから薬剤塗布、装着時間の管理まで行わなければなりませんが、オフィスホワイトニングの場合は歯医者さんに全てお任せで行うことできます。1回の通院である程度の効果を実感出来るのが特徴です。

白い歯にしたいなら審美歯科でホワイトニング治療を受けよう

白い歯

ホワイトニング治療中に気を付けること

オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも、ホワイトニング後は一時的に着色しやすい状態になるため、色の濃い食品を食べることは避けます。オフィスホワイトニングの場合は施行後24時間禁煙してください。気をつけた方が良いものの詳細に関しては、歯科で施術を受けた際に歯医者さんに聞けば教えてもらえますので、聞いてみると良いでしょう。

歯の白さを維持するためのポイント

ホワイトニング

歯磨きをしっかり行う

折角、歯科でホワイトニングを行なったとしても、自宅でのメンテナンスを怠ってしまうと白さは長続きしません。特にホームホワイトニングでは、歯が汚れた状態でホワイトニングを行なっても効果が薄れてしまうため、マウスピースを装着する前の歯磨きがとても重要になります。オフィスホワイトニングでも、日頃から食事の後にはきちんと歯磨きを行い着色汚れを落とすことが大切です。歯磨きの方法に不安がある方は、歯医者さんに相談して教えてもらうのもおすすめです。

色の濃いものを食べてしまった後は口をゆすぐ

歯科でホワイトニングを行なった際、歯医者さんに色の濃い食品を避けるように言われても、状況的に難しい場合があります。その場合、食事の後に口をゆすぐことである程度の着色汚れを防ぐことができます。その後の歯磨きはホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用することで、飲食物の再付着を防ぐことができます。

定期的なメンテナンスを欠かさない

ホワイトニングは1回行なったら終わりではありません。
時間が経つごとに白さは失われて行きますので、定期的に歯科に行きホワイトニングを行うのが良いでしょう。虫歯になったり、歯周病があったりしてもホワイトニングは継続できなくなりますので、歯医者さんに歯の健康を診断してもらうのも大切なことです。

薬剤の量は必ず守ること

歯科でホームホワイトニング用の薬剤を受け取った後、一つの歯につき米粒大など、使用量の指示があります。薬剤は足りなくても効果がありませんし、逆に多すぎても溢れてしまうため、効果の出る期間や白さの度合いに変わりはありません。歯医者さんに指示された通りの薬剤量を守り、使用しましょう。

マウスピースの保管には気を遣うこと

使用後に洗浄も行わず濡れたままのマウスピースを保管すると、食物汚れもそのままになり、雑菌やカビが発生する可能性があります。傷つけない程度に歯ブラシで磨き、きちんと乾燥させてから保管することで、適切なホワイトニングを行うことができます。熱湯には弱い素材もあるため、もし変形してしまった場合はそのまま使用せず、すぐに歯科に行き、歯医者さんに相談しましょう。

広告募集中